2010年02月18日

日本ペンクラブ: 若松で「平和の集い」 

 作家や詩人らでつくる日本ペンクラブ(阿刀田高会長)は来年3月5日、福島県会津若松市の會津風雅堂で「平和の日の集い」を催す。県内では初の開催。著名な文化人による対談などが予定され、平和の大切さを訴える。
 世界組織の国際ペンが「平和の日」と位置付ける3月3日の前後に、日本ペンクラブは昭和60年から毎年、全国各地で「平和の集い」を実施。所属する文化人が出演し、一般に公開される。
 来年の開催地に会津若松市が選ばれたのは、クラブの役員を長く務め一昨年亡くなった直木賞作家早乙女貢さんの推薦。「会津士魂」の著作があり、会津まつりの会津藩公行列に参加するなど愛着を感じ、生前「ぜひ会津で開きたい」と主張していたという。
 来年の出演者はまだ決まっていないが、例年は作家ら四組の対談などが行われている。奈良市が会場の今年は阿刀田会長のほか、嵐山光三郎さんや浅田次郎さん、俵万智さんら豪華な顔ぶれ。
 今後、クラブは地元などと連携し、具体的な内容を調整する。入場無料が通例となっている。


【福島民報】
------------------------------------------------------------------
国際ペンクラブ(International PEN)とは、文学を通じて諸国民の相互理解を深め、表現の自由を擁護するための国際的な団体だそうです。1921年に設立され、本部はロンドンにあります。
悲惨な戦争が繰り返されないことを願い、作家・文筆家の表現の自由を確立し国境を超えた相互理解と連帯を図るという主旨の下に生まれた団体です。

日本ペンクラブは、1935年11月26日に創立されています。当時の日本は、満州事変後に国際連盟を脱退して、国際的に孤立に向かう状況に置かれていました。それを憂う動きがリベラルな文学者や外交官の間にあり、ロンドンの国際ペンからの設立の要請を受けて、当時第一線で活躍していた作家、詩人、外国文学者、評論家の有志の賛同を得て、文豪島崎藤村を初代会長として日本ペンクラブが創立され、同時に、国際ペンの日本センターとしての役割を担いました。その後の日中戦争、太平洋戦争下で言論弾圧が厳しくなった時にも、日本ペンクラブはロンドンのセンターと連絡をとって、唯一世界への窓口であることを守り抜きました。
平和を希求し、表現の自由に対するあらゆる形の弾圧に反対するとの精神に賛同するP(詩人、俳人、劇作家)、E(エッセイスト、エディター)、N(作家)が集まり、独立自尊をモットーに活動をし続け、日本の言論界をリードしたそうです。歴代会長には、その時代を代表する作家が就任しています。
  


Posted by apollon at 17:56

2010年02月01日

福島だるま

11日の白河だるま市を前に、地元・白河市でだるま作りが佳境を迎えている。老舗店の一つ、「渡辺だるま店」でも、作業場に所狭しと並んだだるまに絵柄を入れる作業が急ピッチで進められている。

白河だるまは、まゆやひげなどを鶴や亀といった縁起物で描くのが人気。「だるま市で一般客が小さめのサイズを好んで買う時は、不況の傾向があるようです」と同店。

【朝日新聞】
-----------------------------------------------------------------------------------
 福島だるまは、最初から目が入っていること、腹部に大きく金字で「福」と描かれているのが特徴です。大きく見開いた目は「カッと睨んで邪気を払い、家内に福を呼ぶ」ため。全体像をみてみると、やや長身で頭頂が平らになっており、三春だるまの影響が色濃くみられます。
 眉毛や髭、鬢で鶴亀や松竹梅といった縁起物が描かれ、顔の両側には緑の龍が唐草模様のように描かれています。かつては農閑期の手仕事として、福島市北部の農家が冬場に製作していましたが、今では二軒のみがその伝統を引き継いでいます。

 福島だるまの歴史は江戸時代後期、福島藩では阿武隈川を使った舟運がさかんでした。年貢米を運ぶ河岸として大いに賑わっていた瀬上宿や、多くの人が集まる温泉地・飯坂温泉街などで福島だるまは盛んに売られたそうです。現在も江戸時代から伝わる木型を使ってだるまを作っています。



参照:財団法人 福島県観光物産交流協会  


Posted by apollon at 16:19

2010年01月19日

いわき市: 太平洋・島サミットを誘致

 いわき市は、2012年に国内で開催予定の日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議(太平洋・島サミット)の誘致活動をしている。18日、渡辺敬夫市長が佐藤雄平知事を訪ね、県の協力を求めた。

 サミットには、日本のほかオーストラリアやパプアニューギニアなど太平洋諸島フォーラム加盟国の14カ国と2地域が参加。1997年に東京都で第1回が開催され、3年おきに宮崎、沖縄両県などで開かれている。

 昨年5月に北海道占冠(しむかっぷ)村で開かれた第5回サミットの際に、同市の温泉レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」のフラガールが参加。施設を経営する常磐興産がホテルを新築することから各国からの受け入れが可能になったため、誘致を決めたという。渡辺市長は「実現すれば、いわき市や福島県を海外から知って頂ける」と話した。

【毎日新聞】
------------------------------------------
フォーラム開催地も誘致するのですね!確かにニュースやメディアなどでも取り上げられ、人も大勢来るので経済効果もあるのかもしれませんが、警備やホテル設備、言語の問題など対応しなければいけない課題も多くでてきそうです。地域の皆さんの理解と協力、そしてもしかしたら地域の発展も必要かもしれません。

  


Posted by apollon at 13:34

2010年01月07日

郡山の如宝寺 七日堂まいり 

福島県郡山市・如宝寺の馬頭観世音祭礼「七日堂まいり」は6、7の両日、同寺境内で開かれています。
馬が走るように早く願いがかなう」とのいわれがある郡山伝統の祭りです。

如寳寺は市の中央、堂前に位置する郡山屈指の名刹。正式には高岳山如宝寺。真言宗豊山派。
今から約1200年前、京に上った虎丸長者が平城天皇より馬頭観音像を賜り、帰郷して観音堂を建立、笹久根上人を招いて開眼供養を行ったのが始まりとされています。

俗に「七日堂市」と云い、古くは物々交換の場、つまり初市から様変わりしたものとされています。
今では物々交換がなくなり、現在は参道にダルマ、宝船、まさる、団子さしの団子木などの縁起物を売る店が並びます。
境内は約十万人の人出で終日賑わい続ける云われ、参詣を終えた人々が縁起物を買い求める郡山の風物詩です。  


Posted by apollon at 17:15

2009年12月16日

福を呼ぶように

福島市など県北地方で行われる歳の市に向け、同市南矢野目の渡辺さん方で、県指定伝統的工芸品「福島だるま」づくりが進んでいる。

福島だるまは、江戸時代後期から農家の冬場の農閑期の仕事として作られてきた。目を大きく見開いているのが特徴で、「悪魔払いをして、福を呼ぶため」という。まゆ毛やひげなどで鶴や亀、松竹梅を表し、顔の両側の唐草模様は昇り龍を示している。

五代目になるという渡辺さんは、約9センチ~約90センチのだるまを10月頃から作り始めており、「福を呼ぶように、真心をこめて作っている」と話している。

歳の市は23日から福島市飯坂町湯野の西根神社で始まり、伊達市や桑折町でも行われる。

(読売新聞)
------------------------------------------------------------
もうすぐで2010年ですね! このだるまで福を呼んできてほしいですねきらきらピンク
  


Posted by apollon at 18:05

2009年12月02日

韓国人観光客を誘致: 韓流女優でCM作成

韓国の女優を起用した福島県の温泉旅行特集を韓国の女性誌に掲載する取材活動が1日、下郷町の大内宿など会津地方で行われた。
 韓国の20~30代女性に的を絞った誘客を促進する取り組みで県と県観光物産交流協会の主催。韓国の映画やドラマなどで活躍する女優シン・ウンギョンさん(36)やカメラマンらが11月30日から来県している。
 一行は会津若松市の東山温泉で宿泊施設を取材後、大内宿に移動。シンさんが名物のネギそばや郷土料理のしんごろうを食べる様子などをカメラマンが撮影した。2日は会津若松市に滞在し3日に帰国する。シンさんは本県の印象について「美しい景観が残されており時間が止まっているような感じ」と話していた。
 今回の取材内容は、韓国の中央m&b社が同国で発行している女性向け雑誌「女性中央」の来年1月号に特集記事で掲載される予定。県が旅行代金の一部を負担する読者モニターツアーも計画している。

【福島民報】
----------------------------------------------------------

日本と韓国間の観光客はますます増えそうですね!国内旅行客では厳しい今、中国や台湾なども含め、海外からの旅行客をターゲットにした企画が増えていますね。頑張れ 福島!

  


Posted by apollon at 18:02

2009年11月20日

月周回衛星「かぐや」 一つ月の謎解明

「かぐや」の月探査プロジェクトにかかわる福島県会津大教員らの研究チームは19日までに、月裏側にあるクレーター「ジョルダーノ・ブルーノ」ができた年代を突き止めたとする論文を発表した。かぐやが撮影した画像を解析し、形成時期が100万年から1千万年前と断定。12世紀にできた新しいクレーターとするこれまでの仮説を覆した。成果は国際隕石(いんせき)学会発行の学術誌に掲載された。形成時期をめぐっては専門家の間で論争になっており、謎に包まれた月の秘密がまた一つ解き明かされた形だ。

 クレーターは1960年代に旧ソ連の探査機が発見した。直径22キロと月面でも大きいが、裏側にあるため地球からは見えない。クレーターには学者の名前が付けられることが多く、16世紀に「宇宙は無限」と主張したイタリア出身の哲学者ジョルダーノ・ブルーノの名が付けられた。
 論争が始まったのは昭和51(1976)年。米国の科学者ハートゥング氏が英国の古文書に記されていた怪奇現象から形成時期を推論したのがきっかけ。古文書には「1178年、月から炎が舞い上がり、火の粉が遠くまで飛び散った」との目撃情報が記してあり、これに基づき炎は月面に隕石が衝突したことで発生、火の粉が見えた付近にあるジョルダーノ・ブルーノはこの時にできた-と発表した。科学的根拠がないまま怪奇現象から導き出されたため、専門家の意見は対立。ロマンあふれる月の謎として、天文の世界の話題になってきた。

 研究チームは大規模クレーターができると、その衝撃で周囲の小さなクレーターが消えることに着目。かぐやが撮影した画像を解析し、ジョルダーノ・ブルーノ周辺にある小さなクレーターの個数を数えた。新しいクレーターほど周囲にあるクレーターの数は少ないが、ジョルダーノ・ブルーノの周囲には無数のクレーターがあり、100万年以上前のクレーターと結論付けた。

 論文は宇宙航空研究開発機構(JAXA)研究員で会津大大学院特任准教授の諸田智克氏(33)が中心となり、JAXA助教で福島市出身の春山純一氏(45)、会津大の本田親寿准教授(34)ら12人の共著でまとめた。諸田特任准教授は19日に会津大で講演し、「世界に認められてうれしい。これからも月の謎を明かしていきたい」と語った。本田准教授は「研究に加われて誇りに思う。データ解析で一層貢献したい」と意欲を見せていた。

【福島民報】
-----------------------------------------------------
宇宙が無限でしたら、その謎というのも同じく無限にありそうです。宇宙旅行が一般的になり、そしてまたガンダムのような世界になる日が来るのでしょうか?星  


Posted by apollon at 17:10

2009年11月13日

会津ご当地バーガー

 喜多方市の「ラーメンバーガー」や金山町の「姫ますバーガー」など、会津地方のご当地バーガーが一堂に会する食の祭典が25日、喜多方市の道の駅「喜多の郷」で開かれる。なかなか足を運べない奥会津の特産や、普段はわずかな数量しか生産していない珍しいご当地フードが楽しめるチャンス。実行委は「値段はB級でも、地元の安全な素材を手間ひまかけて加工したスローフードばかり。味はA級です」とPRしている。

 喜多方ラーメンのめんを焼き固めて豚肉を挟んだラーメンバーガー(道の駅喜多の郷、350円)など、会津の地元食材を使い、ひと工夫した軽食が各地でヒットしていることから企画された。

 金山の姫ますバーガー(企業組合おく愛ズ、350円)は、沼沢湖の天然ヒメマスをソテーし、高田梅のタルタルソースがさわやかな後味を残す逸品。普段はJR只見線の会津川口駅で一日5個しか販売しない、ヒメマス級の幻のバーガーとして知られる。只見からは、焼き肉に羊肉を食べる食文化にちなみ、考案された味付マトンケバブバーガー(只見町商工会青年部、500円)が出品される。

 バーガーのほか、特産の花豆を使った花豆メロンパン(道の駅裏磐梯、250円)、温泉水を煮詰めた会津山塩で作った山塩生キャラメル(パティスリー白亜館、680円)、ラーメンを焼いた焼麺(やき・めん)(テクノカレッジ会津、300円)などもあり、会場では景品が当たる人気投票も行われる。午前10時からで、いずれも限定百食。問い合わせは実行委(0241ー21ー1139)。

【朝日新聞】
-------------------------------------------------
ラーメンバーガーでおもしろいですね!海外でも大人気のラーメン!ラーメン ラーメンバーガーも人気がでるのでは??ハンバーガー

ちなみにカナダ・バンクーバーでは、日本風のホットドッグ「JAP DOG(ジャパ ドッグ)」が大人気で列ができるほどです!テリマヨやお好み焼き風など、まさに和と洋の食文化のコラボですね!きらきらピンク  


Posted by apollon at 17:36

2009年11月05日

県ハイテクプラザが絹の新服地を開発 

福島県ハイテクプラザ福島技術支援センターは柔らかく風合いの良い絹100%の服地「パーフェクトシルク」を開発した。絹糸の加工法を工夫して従来の硬くて伸びにくいという絹のイメージを覆した。権威ある全国規模のファッションコンテストで4日、最高賞を受賞。ジャケットなど紳士・婦人服の新素材として全国から注目を浴び始めた。支援センターは県内の縫製業者に広め、「福島発」の新たなブランドづくりにつなげる。
 パーフェクトシルクは、福島技術支援センター主任研究員の東瀬慎さんと主任技能員の佐々木ふさ子さんが約8年かけて開発した。伸縮性にも富み、保温性にも優れている。さらに、特殊な編み方をするためベロワに似たけば立った独特の風合いを持っている。
 紳士と婦人もののジャケット、婦人のワンピース、乳幼児向け寝装具などで、新たなファッションの可能性を開くと期待される。
 パーフェクトシルクの開発に向け2人は、福島技術支援センターが特許を取得している「中空シルク」の特殊な技術を土台にした。絹をバネ状に巻いて糸に仕上げる加工法で、柔らかく伸縮性のある絹糸ができる。さらに、絹糸にねじりを加えることで、肌触りが良くボリューム感がでるよう工夫した。
 2人は、福井県内の経編み業者が行う「ダブルラッセル」と呼ばれる糸を二重重ねの服地に編む技法に注目し、協力を依頼。編んだ服地を中央でカットすることで、裁断面がけば立ち高級感を放つ新素材が誕生した。
 パーフェクトシルクを活用したジャケットはすでに完成している。製作した縫製業「ジェンツ」(福島市)の平田征邦副社長は「見た目がかなり斬新で、新たな服地として流行するだろう」と高く評価している。

【福島民報】
----------------------------------------------------
パーフェクトシルクは、アジア最大の繊維見本市「JFWジャパン・クリエーション2010」の服地コンテストで、最高賞の経済産業大臣賞を獲得しています。
国内で販売されている衣類も中国製が多いですが、このような開発で国内産や地方の製造産業が栄えていったら良いなと思います!ワンピース きらきらピンク
  


Posted by apollon at 17:34

2009年10月28日

SL会津只見紅葉号- 試運転開始!

SL会津只見紅葉号の試運転が27日から、JR只見線の会津若松―只見駅間で始まり、SLの雄姿が秋の奥会津を駆け抜けた。29日まで。本番の31日から11月3日までの4日間、C11形に旧型客車3両を連結し、両駅間を1日1往復する。各停車駅では、多彩な歓迎イベントが繰り広げられる予定。
 試運転では、時折白煙を上げるSLが汽笛を響かせながら疾走。この日はあいにくの雨となったが、本番を待ちきれない大勢のSLファンが撮影ポイントに陣取り、雨で煙る只見川と紅葉、SLが織りなす奥会津の風景をファインダーにとらえていた。
 4日間とも、下りは会津若松駅発午前9時6分、上りが只見駅発午後1時39分。問い合わせは只見川ライン観光協会事務局の柳津町地域振興課(電話0241・42・2114)へ。

【福島民友新聞社】
---------------------------------------------------------------------
SLには一度も乗ったことがないので、いつも乗ってみたいな~と思っています。紅葉の中走るなんて、すごい綺麗でしょうね!もう少し長い期間走っていたらいいのですが...。花o  この機会に行ける方はお見逃し無く!
  


Posted by apollon at 16:38

2009年10月20日

マイバッグ持参率 85.2%

 6月から県内全域で始まったレジ袋の有料化で、9月のマイバッグ持参率が85・2%に達していることがわかった。県が19日発表した。開始1カ月で6月分の調査した時も持参率は85・1%だった。高水準を保っていることから、県の担当者は「100%を目指してこれからも啓発活動をしていきたい」と話している。

 持参率は県と協定を結んでいる14事業者172店舗の平均値で算出した。それによると、1年間に合算した場合のレジ袋削減枚数は1億4千万枚にものぼる。約1200世帯が年間に出すごみの量に相当し、二酸化炭素の排出量では約7千トンが削減される計算になるという。

 ただし、事業者からは若年層の持参率の低さを課題としてあげる声もあるといい、県環境共生課の金子隆司課長は「今後はどの年齢層が袋を持参しているかを分析することも検討したい」と語る。

 有料化の店舗数は、開始当初の29事業者181店舗から現在では59事業者240店舗に増加した。一方で郡山市や本宮市ではまだ、大手スーパーが有料化に踏み切っていない。金子課長は「各自治体が取り組みに向けた話し合いをしているので、これからも理解を求めていきたい」と話した。

【朝日新聞】
----------------------------------------------------------
レジ袋削減による二酸化炭素の排出量の削減もすごい量になるんですね!日本全体、世界全体で行えば環境改善へ繋がるはずですよつば 私もマイバックを使っています。
最近は飲食店で残ったご飯を持ち帰る紙のエコバックもでてきているようです。1つの試みが、大きなエコへと広がりますね山

  


Posted by apollon at 17:52

2009年10月09日

オーストリアなど22カ国の駐日大使が本県を視察 


外務省が福島県で行う駐日外国大使の地方視察訪問は14日から16日までの3日間と決まった。8日、県が発表した。22カ国の駐日大使が参加を予定している。会津地方などを巡り、本県の豊かな自然や文化、先進的な産業に触れる。

駐日外国大使の地方視察訪問は外務省が昭和63年度から行っている。今回が21回目で、初めて本県で実施する。

初日の14日は、大使らが郡山市の企業を見学した後、会津地方で野口英世記念館や五色沼を巡る。続いて、佐藤雄平知事主催の歓迎夕食会が開かれる。本県産の農産物をふんだんに使った料理でもてなすとともに、県指定重要無形民俗文化財「下柴の彼岸獅子」が披露される。
 15日は鶴ケ城の見学、企業視察などを行う。最終日の16日は大内宿を散策。光南高を訪れ、生徒と交流する。県は「本県の自然や文化、産業の魅力を伝えたい」(国際課)としている。

■駐日大使が参加予定の国
 オーストリア、バーレーン、ボツワナ、カメルーン、クロアチア、キューバ、チェコ、イタリア、クウェート、ラトビア、レバノン、レソト、マラウイ、ナイジェリア、サモア、セネガル、シンガポール、東ティモール、ウガンダ、ウルグアイ、ベネズエラ、イエメン

【福島民報】
------------------------------------------------------

福島の魅力をたくさん感じてもらって、良いアピールになればいいと思います。日本というと、東京という近代化で発展した産業都市がまずは目立つかと思いますが、こうして地方を訪れてもらい、日本伝統や素朴な風景を楽しんで、また違った日本の魅力を感じてもらえたらうれしいですね花b  


Posted by apollon at 14:59

2009年10月06日

鶴ケ城能楽堂 復活

かつて会津若松市の鶴ケ城内にあった能舞台を復活させようと、愛好家らが地元企業や個人から約1億3千万円の寄付を募り、建設した能楽堂が1日、オープンした=写真。財政難の市に代わり、市民の力で建設しようという呼びかけに約2千人が応じて実現、同市に寄付した。

 愛好家らでつくる会津能楽堂建設協会の満田政巨代表理事(80)は「300年、500年と後世に残る能楽堂ができた。伝統文化を会津から発信する拠点にしたい」と感無量の様子だった。市教委などによると、鶴ケ城内には江戸時代に能舞台があったが、戊辰戦争後に壊されたという。 

 市が鶴ケ城公園内の用地を提供し、昨秋に着工。木造平屋建て、延べ床面積約250平方メートルの能楽堂が8月に完成していた。奈良・吉野産の最高級ひのきを使い、職人技で仕上げた建築で、屋外施設としては全国有数という。

 寄付を受けた市は、能だけでなく、日舞や邦楽、落語など広く一般開放する予定で、すでに茶会などの予定が入っている。使用料は日中4時間で6300円、夜間8400円など。約400人程度の観覧席の設営が可能という。

【朝日新聞】
---------------------------------------------------------------
ここでの復活公演が楽しみですバラ 
公演できる機会や場が増えるのは、役者の方達にもいいことですし、見る側にとっても伝統工芸が幅広い世代へ広がっていったらいいなと思います日本きらきらみずいろ
  


Posted by apollon at 18:05

2009年09月29日

飯坂けんか祭り

けんか祭りをご存知ですか?
奥州三名湯の飯坂温泉にある飯坂八幡神社では、毎年10月に、「八幡神社例大祭」が行われます。この例大祭は、「飯坂けんか祭り」と呼ばれ、大阪・岸和田の『地車祭り』、秋田・角館の『飾山ばやし』とともに「日本三大けんか祭り」の一つといわれています。  温泉街は太鼓や笛の音が鳴り響き、祭りの雰囲気を盛り上げています。

祭りのクライマックス「宮入り」では午後8時半ごろに大勢の若者達に担がれた6台の太鼓屋台が、「押せ!押せ!」「上げろ!上げろ!」などの声が響かせ、勢いよく激しくぶつかり合いながら神輿の宮入りを阻みます。

今年の飯坂けんか祭りは今週土曜日の3日です。およそ2時間ほど続くけんか祭り宮入りは一見の価値ありです!
  


Posted by apollon at 17:40

2009年09月14日

いわき市の新市長、渡辺氏当選

いわき市長選挙は無所属で新人の渡辺敬夫氏が現職の櫛田一男氏を破って初当選を果たしました。

いわき市長選挙の開票結果です。渡辺敬夫・無所属・新・当選。
8万2131票。
櫛田一男・無所属・現。
7万4044票。
投票率は56点02%でした。

渡辺氏は63歳。
昭和59年からいわき市議会議員を2期県議会議員を5期務め、平成17年からの2年間は県議会議長を務めました。

渡辺氏は、「立候補を表明して2か月と短かかったが、4年間取り組むべき課題が取り組まれてこなかったという市民の思いが勝利につながった。選挙の争点となった医療の再構築のほか、行財政改革や少子化対策など待ったなしの課題に市民とともに取り組んでいく」と述べました。

一方、落選した櫛田氏は「やるだけのことは精いっぱいやったが、わたしの不徳の致すところだ。申し訳ない」と述べました。

【NHKニュース】
-----------------------------------------------
市民からは医師不足や少子化問題の対策など新市長への期待の声が出ているようです。
新しい市長の下、生活がより良くなるように頑張って欲しいです!icon09  


Posted by apollon at 18:10

2009年09月07日

さかなクン: 下水道フォーラムで講演

快適生活下水道フォーラム2009は6日、福島県白河市の白河市民会館で開かれ、講演会や活動事例の発表などが行われた。 県下水道公社の主催、県と白河市の共催、県市長会、福島民報社などの後援。10日の下水道の日にちなみ、水環境や下水道に関する県民の関心を高めようと開催、今年で6回目。
 
東京海洋大客員准教授のさかなクンが「水環境とおさかなのくらし」と題し、ユーモアあふれる語り口で記念講演を行った。 白河市の阿武隈川や南湖で水環境調査活動などを繰り広げている白河中央中と白河実業高の生徒が活動内容を発表した。

 市民会館前の駐車場では’09下水道ふれあいプラザも催され、微生物の観察コーナーや抽選コーナーを訪れる市民でにぎわった。 下水道処理施設で出る汚泥から作られた肥料の無料配布も行われた。

【福島民法】
-------------------------------------------------------------------
東京海洋大学は国立大学です。そこの准教授をあのテレビでみる姿のまま、講義をするなんてなんかユーモアがあっていいですね!(1ヶ月もしたらあきるかもしれませんが...face03

ともかく、水はとても大事な資源です。 日本人は魚を多く食べますし、環境の為にも自分の健康の為にも、水をきれいにする努力をしたいものです。  


Posted by apollon at 15:06

2009年08月24日

9月の連休は福島の温泉へ♪


8月ももうすぐ終わりを迎えますね。9月と言えば、大型5連休があります。国内旅行を考えつつも、まだ決めていない方へ、福島のお勧めの温泉をご紹介します温泉

①鉄版温泉
日本武尊(やまとたけるのみこと)の発見と伝えられ、元禄二年松尾芭蕉が曾良とともに奥の細道の旅の一夜を飯坂で過ごした温泉の老舗で、「東の飯坂、西の別府」といわれました。摺上川の流れをはさんで高層の旅館が立ち並び、夜になると灯りが映り、温泉情緒を満喫できます。また、温泉街には手軽に楽しめる共同浴場もあり、はしご湯も楽しめます。

②高湯温泉
吾妻山の中腹に位置し、福島市街地を一望できるロケーションが魅力です。温泉は自噴の硫黄泉で、掛け流し方式です。また薬効の高さから「東北の草津」の異名を持ち、豊富な湯量が自慢です。

③土湯温泉
地面を鉾で突いた際に湯が湧き出たことから、「突き湯」と呼ばれ、それが温泉名の由来となっている静かな温泉郷。開湯は古く、聖徳太子に由来するとも言われます。また、日本三大こけしの一つに数えられる「土湯こけし」の産地としても有名。

④芦ノ牧温泉
会津若松の奥座敷としてにぎわいをみせる温泉。歴史は古く、千数百年前に名僧行基により発見されたと伝わっています。会津若松で観光した後でも車で25分とアクセスが良く、大川の渓谷に沿って広がる山と緑に囲まれた自然たっぷりの温泉では、旅の疲れをゆっくり癒すことができます。遊歩道も整備されており、約1時間のコースを森林浴しながらゆったりと散策するのもおすすめです。

詳しくはこちらのページへ↓↓↓
http://www.tif.ne.jp/index.php


  


Posted by apollon at 16:41

2009年08月14日

甲子園: 聖光学院 明日初戦

 昨夏の甲子園でベンチ入りした5人が残り経験は豊富だ。攻撃の要は昨夏の経験もある3番の田村勝歩。福島大会では打率5割、チーム最多の9打点と勝負強い打撃でチームを引っ張る。俊足・巧打の1番斉藤晃平の出塁とシート打撃で本塁打を放つなど好調を維持している4番四家祐雅の長打力がかみ合えば大量点も狙える。下位にも長打のある斎藤寛生が控え、打線に切れ目がない。状況に応じて犠打も絡め、そつのない野球を展開する。
 投手陣は横山貴明が絶対的存在。福島大会全6試合に登板し、46回2/3を投げ被安打26、8四死球、防御率0・39と安定感抜群。投球回数を上回る56奪三振と勝負所は三振も狙える。ピンチに動じない精神力と抜群の制球力が持ち味の右腕。斎藤智也監督が全幅の信頼を置くエースの調子が勝敗を分ける。大阪入り後、制球が安定してきた中多惇、能力の高い遠藤昌史の両2年生右腕も控える。
 「日本一のチャレンジャー精神」を掲げるナインは強豪相手に「胸を借りる気持ちで戦いたい」と意気込む。

【福島民報】
-------------------------------------------------------------
いよいよ明日初戦ですね!相手はPL学園と手ごわい相手です。頑張って下さい。

甲子園はドラマが本当に多く生れます。両者の熱いプレイにどちらも勝ってほしくなります。

今年の甲子園も楽しみです。  


Posted by apollon at 17:09

2009年07月27日

トドの赤ちゃん誕生!

いわき市小名浜の海洋科学館「アクアマリンふくしま」で、トドの赤ちゃんが生まれた。

 同館でのトドの出産は3頭目。赤ちゃんは21日夜、オスのイチロー(14歳、体重約600キロ)とメスのフク(14歳、同約290キロ)の間に生まれた。フクの乳をせがんだり、もたれかかって休んだりして常に寄り添っているといい、「飼育員が近づこうとしても母親が離そうとしないので、まだ性別や体長・体重の計測も出来ません」と、担当者もお手上げの仲むつまじさだという。同館では8月末頃をめどに一般公開する予定で、合わせて名前も公募する。

(2009年7月25日 読売新聞)

-----------------------------------------------------------
最近は全国各地で動物の赤ちゃんが産まれたニュースをよく聞きますね。子ども達の夏休みに合わせて、行ってみるといいかもしれませんね!ペンギン  


Posted by apollon at 16:42

2009年07月09日

『モンスターハンター3』と福島県旅連青年部がコラボ!

カプコンは、福島県内の旅館の若旦那などで構成される福島県旅館ホテル生活衛生同業組合青年部のタイアップにより、福島県内の観光地と宿泊施設を巡る『モンスターハンター3(トライ)』スタンプラリー「福島さ狩りに行ぐべ!リアル体験の世界・うつくしま」を開催すると発表した。

「福島さ狩りに行ぐべ!リアル体験の世界・うつくしま」は、キャンペーン期間が2009年8月1日(土)から8月31日(月)までとなっており、福島県内にある観光施設"あぶくま洞"、"いわき・ら・ら・ミュウ"、"対象宿泊施設"にて開催。これらの観光施設を巡り、スタンプを3つコンプリートするとクエストクリアとなる。

【マイコミジャーナル】
----------------------------------------------------

あぶくま洞は8000万年の大自然を体験させてくれる、アジア随一の鍾乳洞。洞窟独特の湿度感やコウモリなどの洞窟生物の存在もリアルに感じることができるそうです。

子供さんの夏休みの自由研究などにも良さそうですね!きらきらみずいろ  


Posted by apollon at 17:08