2010年01月19日

いわき市: 太平洋・島サミットを誘致

 いわき市は、2012年に国内で開催予定の日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議(太平洋・島サミット)の誘致活動をしている。18日、渡辺敬夫市長が佐藤雄平知事を訪ね、県の協力を求めた。

 サミットには、日本のほかオーストラリアやパプアニューギニアなど太平洋諸島フォーラム加盟国の14カ国と2地域が参加。1997年に東京都で第1回が開催され、3年おきに宮崎、沖縄両県などで開かれている。

 昨年5月に北海道占冠(しむかっぷ)村で開かれた第5回サミットの際に、同市の温泉レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」のフラガールが参加。施設を経営する常磐興産がホテルを新築することから各国からの受け入れが可能になったため、誘致を決めたという。渡辺市長は「実現すれば、いわき市や福島県を海外から知って頂ける」と話した。

【毎日新聞】
------------------------------------------
フォーラム開催地も誘致するのですね!確かにニュースやメディアなどでも取り上げられ、人も大勢来るので経済効果もあるのかもしれませんが、警備やホテル設備、言語の問題など対応しなければいけない課題も多くでてきそうです。地域の皆さんの理解と協力、そしてもしかしたら地域の発展も必要かもしれません。

  


Posted by apollon at 13:34

2010年01月07日

郡山の如宝寺 七日堂まいり 

福島県郡山市・如宝寺の馬頭観世音祭礼「七日堂まいり」は6、7の両日、同寺境内で開かれています。
馬が走るように早く願いがかなう」とのいわれがある郡山伝統の祭りです。

如寳寺は市の中央、堂前に位置する郡山屈指の名刹。正式には高岳山如宝寺。真言宗豊山派。
今から約1200年前、京に上った虎丸長者が平城天皇より馬頭観音像を賜り、帰郷して観音堂を建立、笹久根上人を招いて開眼供養を行ったのが始まりとされています。

俗に「七日堂市」と云い、古くは物々交換の場、つまり初市から様変わりしたものとされています。
今では物々交換がなくなり、現在は参道にダルマ、宝船、まさる、団子さしの団子木などの縁起物を売る店が並びます。
境内は約十万人の人出で終日賑わい続ける云われ、参詣を終えた人々が縁起物を買い求める郡山の風物詩です。  


Posted by apollon at 17:15